窪谷IVFクリニック

Web予約

パソコン・スマホ・携帯電話から24時間、簡単に診療のご予約ができます。 ※初診の方(診察券をお持ちでない方) は、お電話にてお問い合せください。

予約する

よくあるご質問

Q初診時はどのような診察の流れになりますか?
A受付後、待合室でお待ちいただく間に問診票のご記入をお願いします。
次に看護師から一般的な不妊症スクリーニング検査についての説明があります。 その後、医師による問診・内診・超音波検査などを行い、今後の検査・治療のスケジュールをたてていきます。最後に会計をして終了です。

Qどのような検査を行いますか?
A一般的には超音波検査・頸管粘液検査・ホルモン検査・クラミジア抗体検査・抗精子抗体検査・甲状腺ホルモン検査・糖尿病検査・子宮頸がん検査・子宮卵管造影検査・精液検査などの検査を行います。必要があれば子宮鏡という内視鏡を使っての検査も行います。 もし、1年以内に別の病院で行っている検査があったら当院では行わなくても結構ですので、検査結果をお持ちください。また、検査を希望しない方はその旨を医師にお伝えください。
Q検査は健康保険の適用になりますか?
A不妊治療には健康保険が適用になる検査や治療と保険適応外(自費)の検査や治療があります。人工授精および体外受精、顕微授精といった生殖補助医療には保険適用はなく、保険適応外(自費)診療となります。
保険診療と自費診療は同時に行うことは認められていません。そのため1項目でも自費診療の項目がありますと、単独では保険診療となる項目でも自費診療となります。

Qどのような不妊治療を行いますか?
Aまずは経腟超音波で卵胞の発育の状態をみて排卵日を予測し、排卵日にあわせて夫婦生活を持っていただくタイミング指導から開始し、しばらくタイミング指導を行っても妊娠しない場合は排卵日に細いチューブを使って精子を子宮内に送り込む人工授精(AIH)にステップアップします。
AIHを3〜7回行っても妊娠しない場合は、女性の卵巣から卵子をとりだし卵子と精子を体外で培養して受精させ、順調に分割した受精卵を子宮内に移植する顕微授精にステップアップします。これは一般的な治療の流れなので今までの治療歴・患者様の年齢・ご主人の精子の状態などを考慮して早めに体外受精、顕微授精にステップアップする場合もあります。
(当院には日本卵子学会、日本臨床エンブリオロジスト学会認定の胚培養士が4名おり、人工授精はもとより、体外受精・顕微授精・胚凍結・精子凍結なども担当しています。)